HOME > 大会案内

大会案内

HOME > 大会案内

大会内容・スケジュール

開催日/場所:
2019年11月2日(土)
広島国際会議場(フェニックスホール)
主催:
中国ブロックPTA協議会/広島市PTA協議会
後援予定:
文部科学省/(公社)日本PTA全国協議会/広島市/広島市教育委員会
予定人数:
中国ブロックPTA会員並びに教育関係者 1,500人
参加費:
3,000円(昼食代含む)
実践発表:
  • 全国いじめ問題子どもサミット報告広島市立己斐中学校生徒会
  • いじめ問題子どもサミット

    いじめますまぁや ぶっちゃけ座談会~心の勉強会~

    広島市PTA協議会 専務理事 山本 岸子
  • いじめ問題への取り組み広島市立二葉中学校生徒会・広島市立庚午中学校生徒会
  • いじめ問題大人サミット

    「いじめ」から子どもを守るには ~いま、私たちにできること~

アトラクション:
広島市立千田小学校 児童によるパンフルートの演奏

スケジュール

9:20~10:00
受付(40分)
10:00~10:45
開会行事(45分)
10:50~11:40
実践発表(50分)
11:45~12:00
次期開催地PR(15分)
岡山県PTA連合会
12:00~13:00
昼食(60分)
13:00~13:15
アトラクション(15分)
13:20~14:50
記念講演会(90分)
14:50~15:00
閉会行事(10分)

パンフルートの演奏

広島市立千田小学校で原爆に耐えた被爆樹木カイヅカイブキが衰弱し切り倒され、笛の「パンフルート」に生まれ変わりました。
カイヅカイブキはヒノキ科の常緑針葉樹で、切り倒されたカイヅカイブキは高さ6メートルほどありました。同じく被爆したイチョウやソテツとともに、児童や修学旅行生に原爆の被害を伝えていましたが、平成26年(2014年)9月に倒木の恐れもあり伐採されました。切り倒されたカイヅカイブキの木材は、パンフルート工房を営む香原良彦さんにより、直径2センチ、長さ10~20センチほどの木管10本をアーチ状につなげた「パンフルート」として蘇りました。当初40個でしたが、現在90台となっています。
平成12年(2000年)に千田小学校の児童が、作詞・作曲した「アオギリのうた」を奏でるため、半音を含む18音を出せるようにしています。
「パンフルート」を演奏する合唱隊は、平成28年(2016年)~平成30年(2018年)3年連続で、8月6日の広島市主催「子ども平和の集い」でアオギリ賞を受賞しています。また、平成29年(2017年)には、「国際シンポジウム2017」に参加するなど、国内や世界に向けて「平和のメッセージ」を発信する活動を行っています。

パンフルートの演奏

記念講演会

演  題:
「世界からのメッセージ~未来へ生きる子どもたちのために~」
講演時間:
90分
講  師:
渡部 陽一 氏(戦場カメラマン)

講師:

渡部陽一(わたなべ よういち)

■出身地
静岡県富士市
■学歴
明治学院大学 法学部
法律学科卒業
■生年月日
1972/9/1

講師:渡部陽一(わたなべ よういち)

学生時代から世界の紛争地域を専門に取材を続ける。戦場の悲劇、そこで暮らす人々の生きた声に耳を傾け、極限の状況に立たされる家族の絆を見据える。イラク戦争では米軍従軍(EMBED)取材を経験。これまでの主な取材地はイラク戦争のほかルワンダ内戦、コソボ紛争、チェチェン紛争、ソマリア内戦、アフガニスタン紛争、コロンビア左翼ゲリラ解放戦線、スーダン、ダルフール紛争、パレスティナ紛争など、2010年~2018年ウクライナ トルコ ミャンマー アメリカ エジプト フィリピン タイ他取材。

(発表媒体)
週刊SPA(連載)(扶桑社) サンデー毎日(毎日新聞) AERA(毎日新聞)SAPIO(小学館) 他
(出演番組)
テレビでアラビア語(NHK) ニュースプラス1(NTV) 今日の出来事(NTV) NEWS ZERO(NTV) 行列のできる法律事務所(NTV) とくダネ!(CX) そうだったのか!池上彰の学べるニュースSP(EX) 他
(ラジオ)
渡部陽一 明日へ喝!毎週(日)18:00~
松任谷正隆 DEAR PARTNER 他
(著 書)
「報道されなかったイラクと人びと」(新風舎)
「ぼくは戦場カメラマン」(角川つばさ文庫)
「戦場カメラマン渡部陽一が見た世界」(くもん出版)
「戦場カメラマンの仕事術」(光文社) 他
(写真展)
「渡部陽一 写真展 戦場からのメッセージ」
「渡部陽一 写真展 世界からのメッセージ 笑顔の力 命の輝き」
「戦後70周年さいたま市平和宣言都市10周年記念 平和祈念」 他