トップページ > お知らせ

お知らせ

2019.11.26

【御礼】第49回日本PTA中国ブロック研究大会広島市大会 開催について

去る11月2日に昨年より準備を進めて参りました中国ブロック研究大会広島市大会が無事終了いたしました。
この度の大会では100名を超える会員の皆様にお手伝いいただき、中国5県各地よりおいでいただく1500名余りの会員の皆様をお迎えし、大会を開催いたしました。

お手伝いいただきました会員の皆様には、都度、臨機応変に対応いただき、ご参加の皆様をおもてなしいただきましたお陰で、大会後のアンケートでは、お褒めの言葉も数多く見られ、実り多い大会になりました。
改めて、関係者各位に御礼申し上げます。有難うございます。

多くの企業様にもご協賛いただき、無事終えることができましたこの度の大会での一番の成果は
会員同士で交流する機会が増えたことではないかと思います。
ご負担をおかけすることも多かったかと思いますが、広島市で大会を開催することで
学校や区の垣根を超えた交流が生まれることで、より広い繋がりが生まれたと感じております。

この成果を基に今まで以上に充実した活動を展開して参ますので
今後ともどうぞよろしくお願い致します。


2019.11.26

「平成30年7月豪雨災害募金 災害見舞金申請」申請終了について

11月15日を期限として行っておりました災害見舞金の申請について
予定通り11月15日に申込を終了いたしました。
今後は12月に災害対策特別委員会を開催する予定ですので、そこで給付について協議し
順次送金手続きを進めて参ります。

この度の取り組みついて情報発信、周知にご協力をいただきました皆様に感謝申し上げます。
有難うございました。

2019.9.25

「平成30年7月豪雨災害募金 災害見舞金申請」について

昨年の発災以来、広島市PTA協議会では募金活動を継続して参りました。
お蔭をもちまして、日本全国より多くの募金が集まりましたので、標記の件につきまして、皆様よりお預かりしました募金を「平成30年7月豪雨災害」により被災され、下記の要領で見舞金申請された方へ見舞金としてお渡ししたいと存じます。
つきましては、被災された方に少しでも見舞金がいきわたるように、見舞金給付の制度があることを広く周知をしたく、何かとお忙しい時節、お手数ではありますが、会員の皆様に情報発信いただきますようご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
※申請手続きや申請書はトップページ下部に掲載しておりますのでそちらをご覧下さい。



1 目的 「平成30年7月豪雨災害」により被災された、広島市立小中学校児童生徒・
教職員へ募金全額を災害見舞金としてお渡しする。
2 災害見舞金対象者
災害時に広島市立小中学校児童生徒・教職員
  (被災されたことにより、広島市外に在所されている児童生徒・教職員含む)
3 災害見舞金の申請手続き
  広島市PTA協議会ホームページをご覧いただき被災された方が直接申請手続きを行ってください。
4 申請提出期限 令和元年11月15日(金)
5 災害見舞金基準について
  申請期間終了後に災害対策特別委員会が協議決定する。
以上


ファイルを開く

平成30年7月豪雨災害募金 災害見舞金申請」について周知のお願い


ファイルを開く

見舞金申請書(このファイルをプリントアウトしてください)

2019.8.25

第67回日本PTA全国研究大会に参加しました

8月23日(金)24日(土)の2日間にわたり、第67回日本PTA全国研究大会が兵庫県で開催されました。
広島市PTA協議会からは原本会長をはじめ、各区より30名の役員や会員そして事務局員で参加をして参りました。
23日は分科会として県内10会場にそれぞれ分かれ、家庭教育、学校教育、人権、防災、広報、環境などそれぞれ各分野について講演やパネルディスカッションに参加をしました。
また24日は全体会に参加をし、記念講演としてメンタリストDaiGoさんの講演を聴講して参りました。
全体会には全国各地から8,000名の参加者がおられ、大変盛況な会でありました。

大変ためになる2日間で、多くの学びを得ましたので、ここで得た学びを市P協の活動にも取り入れ、会員の皆様に還元していきたいと思います。

最後に記念講演でDaiGoさんが言われた言葉で心に残ったことを一つ。
今の環境に不満があるとき、環境(人)が変わるのを待っていてても何も変わらない
自分が変わることで環境(人)は変わる
だそうです。参考までに。


2019.8.11

平成31年度 単位PTA役員研修会を開催しました

令和元年7月13日(土) 13:00から15:30
TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前
に於いて
本年度の単位PTA役員研修会を開催しました。

当日は156名の参加者で「いじめ問題大人サミット」と題して
子ども達を取り巻く「いじめ」という問題に対して
我々大人が何ができるかを「予防」「予知」「対応」の3つの観点から
ディスカッション形式で意見交換を行いました。







そこで出た意見を以下の通り「家庭でできる3つのポイント」としてまとめました
①予防
日頃からコミュニケーションをつくれる大人になりましょう。
②予知
子どもの変化に気づく大人になりましょう。
③対応
子どもの話が聞ける大人になりましょう。

今後は、当日実施しましたアンケートを基に
この運動を広島市内全域に発信できるよう
教育問題委員会で協議して参ります。


今すぐできる家庭のポイント

今すぐできる家庭のポイント

今すぐできる家庭のポイント

今すぐできる家庭のポイント

  • 中国ブロック研究大会広島市大会
  • 行事予定
  • 関係資料ダウンロード
  • 10off
  • 食育のススメ